Random flickr of mine

2014/01/20

おくることば(真っ直ぐ向かずに)

201401200209

全く違うコトを小一時間書いた上で、全部削除してこっち書くコトにした。そんなに言葉やネタを選ぶべき場所ではないつもりなのに、やはりなんだかんだ公開で書くもの、というコトで色々考えてしまうんだな。

そうは言っても、そんな思考回路に至るコト自体、一概に悪いコトでもないとは思うけど。

更に、じゃあ書き換えた内容は公開に値するのかと問われれば、大分、微妙である。説明不能ながらにその取捨選択の謎法則にも明確な何かはあるんだろうけど。

少し前に、若い知人が異国に旅立った。年齢は大分違うが、妙に類似点が多かったこともあって、結構仲良しだったように思うが、諸事情あって、ここ1年くらいで、残念ながら若干距離が離れてしまった感のある知人だ。

非常に類似点が多いながらも、決定的な所での考え方の違いみたいなのが露呈してしまったので、どちらが悪いというのでもないし、残念ではあっても、どうしようもない。完全に切れてるワケでもないが、また距離が縮まるとも思えない。そんな微妙な間柄の知人。

1年と少し前、大学は卒業したものの、就職もせずに1年を過ごして、今後の目標が定まらないでいた。で、漠然と焦り、混乱をきたして感情が安定しないで無駄に七転八倒を繰り返してた。

そんな様子を見て、異国に向うよう提案してみたのは、実はおいらだった。元々異国との親和性はかなり高いタイプだったし、根本的なベースの環境を変えた方がよい感じがした。

プラス、自分が若かった時には、そんなコトをする選択肢自体思いつかなかったけど、誰かがおいらの代りに異国に飛び出して、おいらがやれなかったけどやりたかったコトやったら面白いな、みたいな気は若干あった。似たもの同士だったので、理想的なシムとも言えた。そんな話は本人とも笑いながらしてた。

提案だけで、そこから先の選択やそれに向けての行動は勿論、本人自身のものだ。迷いもあまりなく、結構即決してた感じだし、決めたら目的に向っての行動は速やかに始めてた感じがする。我ながら、いい提案した気がした。

丁度そんな提案をした頃と前後して、互いの距離感に変化の節目がやってきた。それ以降は相談されても結構突き放しがちになるのだが、それから約1年と少しの間、コツコツと資金を貯めて着々と準備をしはじめてたようだ。

そんなワケで、そこから先は表面的な部分しか窺い知れないが、異国に向うと決めた以降は、当面の目標が定まっただけで、感情の乱高下も目だたなくなってたし、仮の職場での新しい業務も順調にこなしていたようだ。

で、取得してたビザ行使の期限を向える今月、予定通り無事旅立ってったらしい。

切れてるワケではないので、その後もオンラインで様子は垣間見える。今のところはまだ到着直後で、観光客並みにフワフワした感じに見えるけど、落ち着いたら目的を見失わずに頑張ってほしいと思ってはいる。1年なんてあっちゅう間だ。

ベースの環境を変えた方がよい、というのは、当時の本人の状況から、異国でないにせよ、家と人と土地を一旦離れて自立した方がよい、という大前提があったのだ。異国に向った時点でその面は自動的に、全てがリセットされてるコトになる。可能性も無限だけど、目的を持ってないとブレ幅も無限だ。

提案当時から出発時点までで、本人がどんな目標を掲げるに至ってるのか、積極性はどの程度なのか、受動性に寄ってるのか、そのあたりはさっぱりわからない。

本人、年齢の割にはしっかりした面を持ちつつも、年齢以上に肝心な部分で妙に弱くて、流されやすい。人には恵まれてる方だけど、愛と依存を混同しやすい面も持ってるのでそこが弱みにもなり得る。あと数年は意識的にもっと「正しくエゴイスト」になってもいい筈だと思う。

「いい人達に出会えてラッキーでした☆」は素晴らしいコトだとしても、1年後にそれだけで帰って来るんじゃいけない。それは生来持ってる「人に恵まれる」力を発揮したに過ぎず、キミが今まで持ってなかった何かを得たことにならない。周囲の人々の好意に寄りかからずに、彼らと共に、自分の足だけで立たないと。

成功するかどうかはどうでもいいけど、日本でもチャレンジに消極的だったけど、ちょっと億劫なくらいのチャレンジを試みて、今まで持てていなかった力か自信か、その両方かをしっかり自分のものにして帰って来れたらいいと思う。

帰って来れたら…っていうか、一時帰国程度は必要だろうが、別に、帰って来なくたっていい。

このURLは本人の目にも触れる可能性はあるものの、本人がコレに目を通す可能性は恐らくないだろう。期待もしてない。目に触れるならそれはそれだけど、自然に目に触れもしなかったものをわざわざ読んでもらうような働きかけはしないと思う。けど、ただ、記録はしておきたかった。自己満足。

気になるなら真っ直ぐ言えばいいだけなんだし、イヤらしいといえばイヤらしい。距離は遠のいてても、多少シム感は持ったままなので、そういう意味では、これからもこんな感じで生暖かく見守り続けるのかもしれない。