Random flickr of mine

2017/07/28

コン活:Werrason と JB Mpiana の直近ライブ動画アーカイブ / コンバッタント関連 / ディアスポラポップスの中のリンガラ語 / Dadju くんコンゴに向かう / Fally サイン会

こないだの JB Mpiana のライブかな。今日もお誕生日ライブやるらしいけど。あとで見よう。


実は毎日膨大な数の「あとでみる」ようつべがあるんだけど、現状のラベリングだと全く消化できずに溜まってくんだよな。見きれないまでもどこかに纏めておきたいんだけど効率良い纏め方ないかなぁって悩んでる。

今日は Soukous シンガーの嫁バトルネタとかもどこかでみかけたぞ。犬も喰わんからほっといてやれよ(オレモナー)。 Fally の嫁、Nana Ketchup の名前が上がってた。しかし前々から気になってるんだけど、なんでそんな名前なんだろうか。通称?すんごい美人なんだけどね。


ああほらほら、 Werrason の音割れアンゴラライブ動画も3本立てで上がってる。キリないわー。


今日は Fally と Heritie Watanabe のコンバッタント騒動から少し日を置いて落ち着いたところで改めてそれ関連のインタビュー動画があちこちで上がってるな。こちら側(=催行)関係者からのインタビューでもあったのかな。でも色んなミュージシャンにコメント求めてるっぽい動画サムネもあるみたい。あとで時間があったら(なさそう)チェックしてみたいわ。


仕事しながら耳に止まった(ので手も止まる…)この曲(聴いてたのはこれのアカペラバージョン)

何度も繰り返されるサビ部分が一部リンガラ語だったりするのよね。 Bomaye のアーティスト全般そうなんだけど、フランス現地で普通に白人のフランス人にもそこそこ人気ありそうなんだけど、リンガラ語歌詞がわりと多用されてるのが興味深いよな。

歌詞職人による歌詞付き音源あったので、リンガラ語部分どうしてるんだろうって思ったけど、仏語対訳もなしに普通にリンガラ語歌詞載せてた。いくらか歌詞サイトも見てみたけど同様だな。

J-Pop の途中に英語歌詞入ってても意味に頓着せずフィーリングで聴く、みたいな感覚なのかな。そう考えたらさほどおかしくもないか。だいぶマイナー言語だとは思うけど。(そんなこと言ってたらそのリンガラ語主体の曲こそを好んでるおいら自身、矛盾の塊だし、突っ込まなくてよい話だった気がしてきた。)


Dadju くんはライブのため、コンゴに向かってる。

Dadju くん、前夜はフランスかベルギーのライブハウスでライブだったみたいだけど、それに先駆けて床屋行ってて、ライブの後ろ頭見たら襟足のライン、ありそうでない感じでいいね。他より一部短く刈り込んで描く系のアート(?)、クドいのが多いんだよね。これくらいの気づかない人もいそうなくらいがオサレかも。


ところで絵文字、いつのまにやらだいたい Unicode で実装されてるっぽいけど国旗はまだまだちゃんとカバーされてないんだね。そこ実装されたら色々便利なんだけどな。
…とか言ってたら面白いサイト見かけた。


Fally はどこぞでサイン入りCD即売会って感じかな。営業、営業…。


今日もわさわさ忙しかったのでこれにておしまい…って言いながら毎日結構な分量よね。これでも本人的には、満足行くほどあちこち追えずに終わってるんだけどな。