Random flickr of mine

2011/12/26

[Pakistan] DIL DIL PAKISTAN, JUNAID JAMSHED AND 25TH DEC.

※音楽系なので、つい先日音楽まとめ用Posterousに書いたけど、これはどちらかというと音楽を通した自身についての思い入れ的だしな、と、こっちにやや加筆・修正して転載。

今回は単純に「この土着音楽たまんねス」ではなくて、色々思い入れ全開なのでやたらと長くなるとおも。

おいらがパキスタン人とつるんでいた丁度その頃、現地で一世を風靡していたVital Signsというパキスタンのポップロックバンド。
どこかで書いたけど、昔から実は南亜細亜では、実は印度よりパキスタンの方がポップス系は欧米からも評価されてるけど、当時のVital Signsもそんなのの筆頭って言っても過言ではない。
JJ(Junaid Jamshed)はそこのリードボーカルで、甘い低音でとても美しい声の持ち主で、おいらも超ハマりました。

当時の友達たちからは一緒にいる間中、Qawwaliやポップスやボリィ、ロリィの曲など色々教えてもらった…というか散々聴かされてた訳だけど、彼らに自分用のビデオテープ(の時代w)が欲しい!と入手まで頼んだのはこのVital Signsだけだった。
今みたいにYouTubeもない時代、それでも下のいくつかの曲と映像が特に大好きだったから、繰り返し観たかったから。

Sanwali Saloni


いつまで経ってもウルドゥは解さないままに、これは今でもあやふやに歌える。
途中の「あむりかけ なー じゃーぱーにきー」ってトコは「アメリカや日本(の女の子じゃなくて)君が好き」的な意味だって教えてもらったのも覚えてる。

Gore Rang Ka Zamana



Aitebar



これとか今でも何かの拍子に脳内でメロディがぐるぐるする。

その中で(ワタシ自身は大好きな曲の筆頭って訳ではなかったのですが)、この曲がかかるとパキスタン人の誰もが合唱を始める、という勢いの曲がこれ

Dil Dil Pakistan



Dil、は「がんばれ」っていう意味だよー、と教えて貰いました。若者中心の愛国ソングとも言っていい曲。

当時のワタシ自身は大して民俗音楽萌えでもなかったので、つるんでた仲間が皆、日本から離れてしまうと、そのまま元々好きだったヒプホプとかあーらんびーに戻り、10年近くパキスタンの音楽からは離れてました。

いつだったかな、2000年の前半頃に懐かしさも手伝ってNusratを聴き直し、つい数年前に亡くなってたコトを知ってショックを受けたり、Vital Signsも解散してるのをぼんやり知ったり、ああソロでアルバム出してるんだな、なんて知ったり、でもあまり深く掘り下げずにいました。

そしてつい数年前、再び(いや、三度?)最近はどんな活躍をしてるんだろう、と突如思い出してWikipediaのJJのページを読んで、「イスラムに専念するため、(またパキスタンあたりはストリクトなイスラム圏というコトもあって)ポップミュージックを捨てた」と知り、それはもうショックでした。風貌もめっちゃ変わってたし。あのパキスタンポップロックのアイコンとも言えたJJが!

まぁ、そうは言っても捨てたのはポップスで、イスラム曲やNaat(イスラム詩、これをメロディに乗せて歌ったりする)は続けていて、ソレ系のアルバムとかは出してるらしいと知って、結構Naatとか掘りまくったり。



それから数年、つい先日、FacebookでJJではない元Vital Signsのメンバーも参加しているJunoonというパキスタンロックバンドのページにJunaidの写真。そして「Dil DilとJazba(Junoonの曲でこれも愛国ソング的ポップス)のリハーサル中、動画も後ほど」というメッセージ。
愛国ソング的とは言えどもポップスを捨てたはずのJunaidが!

そしてアップされたのがこれ
JunoonのFBページでは動画に "Happy Birthday Jinnah" そう、12月25日はパキスタン建国の父、ジンナー生誕の日。
うp主もパキスタンEMIなのできちんとオフィシャルというかなんかそういう系。
そして動画のオープニングの
"In our solidarity, unity and discipline lies the strength, power and sanction behind us to carry on this fight successfully."
というジンナーの言葉の引用

多分経緯も知らずに観ても…いや、知識として知っただけで観ても、恐らくなんとも思えない程度の動画だと思うけど、国民の期待する次期大統領は、かなり民主寄りな元クリケットの花形、イムラン・カーンだが、政府と軍もかなり危なっかしい状態でクーデターで民主化自体がひっくり返るかもしれない。そして米国との緊張状態も日々高まる一方。というこの時期、ジンナー生誕の日にJunaidが過去のポップスを歌うというのは、Junaid含めポップス界やその裏方含め、皆、幾重にも色んな思いもあるんじゃないかな。

そんなこんなでJunaidの動画をうろうろしていたら、今年の前半にトロントでもNaatのライブの途中でアカペラでDil Dil歌ってるのですね。



90年代に見劣りしない美声と、あと、相変わらず、しかもパキスタン国外在住者がほとんどであろう会場が歌い出しと同時に一斉に歌い出す様がもう…。